初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日立工機の株価急騰

2017.03.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

以前、「TOB銘柄は株式市場に流通する株数が少なくなるので、少しの買い注文で株価が上がりやすくなる」と紹介しました。

ちょうど、ピッタリのサンプルがあったので取り上げたいと思います。

日立工機3月29日5分足チャート

昨日29日、前場に日立工機の株価が急騰しました。高値883円まで上がっています。TOB価格は870円ですから、

883円÷870円×100≒1.015

1.5%の上昇です。上昇率はそれほど高くないですが、かなり珍しい現象です。

これだけ株価が上がると、株主はTOB価格より高く売れますから、今まで売らずに粘った甲斐があります。放置していただけ、かもしれませんが・・・。

ちなみに、日立工機は上場廃止を予定しているので、一般的なケースだと870円で強制買い取りになるでしょう。

「なにもしない」という選択をした株主は、日立工機の上場廃止後、870円×株数の資金が戻ってきます。

管理人は”せっかち”なので、TOBが発表されたら、すぐにでも良い条件で売りたくなります。ただ、どんな銘柄にも一定数の”のんびり派”が存在します。

参考にしていただければと思います。

関連記事

アーカイブ

アクセス