初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

TASAKIのMBOと優待廃止、株主の今後について

2017.03.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

3月24日、東証1部上場のTASAKI(7968)は、MBO(経営陣等による自社買収)を発表しました。

MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ

平成29年10月期配当予想の修正(無配)及び株主優待制度の廃止に関するお知らせ

TOB価格は2,205円、TOB期間は3月27日から5月11日までの31営業日です。

手続きが順調に進むと、TASAKIは上場廃止になります。これに伴い、株主優待は廃止となり、期末配当もTOB成立を条件に廃止となります。

TASAKIの株主は、TOBに参加して2,205円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が2,205円に近づいたら株式市場で売却することができます。

TASAKIの今後の株価について

日付 株価 値幅
3/24 1,735
3/27 2,176 +441
3/28 2,205 +500

今後、TASAKIの株価は2,205円付近(2,190円~2,200円)まで上昇し、その後は上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

※3月27日の株価を訂正しました。

TOBに参加するメリット・デメリットについて

メリットは、TOB価格2,205円で買い取ってもらえること、TOBの手続きが経験できることです。デメリットは、投資資金の回収が遅くなること、手続きが面倒なことです。

具体的には、TASAKI株を、購入した証券会社から大和証券に移管して(移動して)売却します。投資資金が戻ってくるのは、5月18日以降になります。

TOBに参加する場合は、大和証券の口座が必要です。移管手続きに時間がかかるので、大和証券の口座を持っていない方はお早めに。

TASAKIの株主の今後について

TOB価格2,205円は、株主の購入時期によって評価が分かれると思います。

安い値段で買っていれば、喜んで保有株を売るでしょう。逆に、2,205円超で買っていれば、納得できない条件となります。

仮に、管理人の買値が2,205円超であれば、損失をできるだけ減らすために、ダメ元で株価が2,205円を超えるまで待つと思います。

TASAKIの株主優待について

TASAKIの株主優待は、10%の割引券です。毎年、4月末と10月末の株主がもらえました。今回の優待廃止により、2017年4月の優待はなくなりました。

もし、優待目当てでTASAKIの株主になったのであれば、株価がTOB価格に近づいたときに売却し、別の銘柄に乗り換えると良いでしょう。値幅制限がありますから、2,205円の水準に近づくのは3月28日になります。

また、3月優待銘柄の権利付最終日も3月28日です。時間的にギリギリですが、この週末に欲しい優待銘柄を探しておけば、最短で3月の株主優待をゲットできます(3月28日にTASAKI売却→新しい優待銘柄購入)。

余裕のある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

(追記)TASAKIの上場廃止日決定

TASAKIの上場廃止が決定しました。上場廃止日は7月27日(木)、売買最終日は26日(水)です。

株主の保有株は2,205円で強制買取となります。9月以降、「2,205円×株数」の投資資金が戻ってきます。

株主のみなさん、どうもお疲れ様でした。

関連記事

アーカイブ

アクセス