初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

スシローの新規上場と株主優待について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

3月31日、回転寿司チェーン店「スシロー」でおなじみ、スシローグローバルホールディングス(3563)が東京証券取引所に新規上場します。そこで、スシローの株主優待を紹介したいと思います。

スシローの株主優待の内容について

・株主優待制度の内容・・・スシローで使用できる優待食事券(100株以上保有)

・食事券の金額・・・年間3,000円(1,500円分×2回)、年間1,000円分(半期500円分)は土曜・日曜・祝日を除く平日限定

・株主優待の回数・・・年2回(権利確定日9月30日・3月31日)

・株主優待の使用期限・・・6ヶ月間

・株主優待の使用条件・・・会計金額1,000円ごとに500円分の優待食事券を使用できる、他の割引券との併用が可能。

株主優待の内容と金額について

スシローグローバルホールディングスの株主優待は、全国のスシローで使える優待食事券です。9月30日と3月31日の株主は、年2回、それぞれ1,500円分の食事券(合計3,000円分)がもらえます。

ただし、1,500円分のうち、500円分は土曜・日曜・祝日に使うことができません。

・1,000円分・・・いつでも利用可能

・500円分・・・平日限定

となります。

株主優待の使用期限と使用条件について

食事券の使用期限は6ヶ月間です。年2回もらえるので、次の優待が届くまでに使い切れば大丈夫です。

スシローで1,000円ごとに500円分の食事券が使用できます。例えば、会計が1,000円ちょうどであれば、500円分を食事券で支払い、残りの500円を現金等で支払います。

会計が2,000円ちょうどであれば、1,000円分を食事券で支払い、残りの1,000円を現金等で支払います。

もし、優待食事券を一度で使い切りたい場合は、平日に3,000円以上食べればOKです。

なお、優待食事券以外にスシローの割引券を持っている場合は、その割引券との併用が可能です。

こうやって見てみると、スシローグローバルホールディングスの株を買う予定の投資家は、スシローの常連が多くなりそうですね。

以前の株主優待について

・対象となる株主・・・毎年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主

・100株以上・・・図書カード(3,000円分)

・500株以上・・・図書カード(5,000円分)

・1,000株以上・・・図書カード(1万円分)

ちなみに、あきんどスシローとして上場していた頃(2009年4月1日上場廃止)の株主優待はこちら。年1回、9月30日の株主は、図書カードがもらえました。

スシローのIPOに申し込み可能なネット証券

スシローグローバルホールディングスは規模が大きく、人気も高い企業なので、かなり盛り上がると思います。

おすすめのネット証券は、SBI証券マネックス証券SMBC日興証券の3社です。上場前にスシロー株をゲットして、3月30日を楽しみに待ちたいですね。

関連記事

アーカイブ

アクセス