初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ニッコウトラベルの上場廃止と株主優待、株主の今後について

2017.02.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月10日、東証1部上場の三越伊勢丹ホールディングス(3099)は、ニッコウトラベル(9373)に対してTOB(株式公開買付)を行うと発表しました。

株式会社三越伊勢丹ホールディングスによる当社株券等に対する公開買付けに関する意見表明に関するお知らせ

平成29年3月期配当予想の修正および株主優待制度の廃止に関するお知らせ

TOB価格は390円、TOB期間は2017年2月13日から3月23日までの28営業日です。

手続きが順調に進むと、ニッコウトラベルは上場廃止になります。これに伴い、株主優待は廃止になり、期末配当もTOB成立を条件に廃止となります。

ニッコウトラベルの株主は、TOBに参加して390円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が390円に近づいたら株式市場で売却することができます。

ニッコウトラベルの今後の株価について

日付 株価 値幅
2/10 301
2/13 381 +80
2/14 390 +80

今後、ニッコウトラベルの株価は、390円付近まで上昇し、その後は上場廃止まで横ばいが続きます。

TOBに参加するメリット・デメリットについて

メリットは、TOB価格390円で買い取ってもらえること、TOBの手続きが経験できることです。デメリットは、投資資金の回収が遅くなること、手続きが面倒なことです。

具体的には、ニッコウトラベル株を、購入した証券会社から野村證券(野村ネット&コール)に移管して(移動して)売却します。投資資金が戻ってくるのは、3月30日以降になります。

ニッコウトラベルの株主の今後について

TOB価格390円は、多くの株主が含み益になる水準です(2015年上半期の急騰時に買っていなければ)。TOB価格はPBR1倍を超えますし、安すぎることはないでしょう。

ただ、ニッコウトラベルの株主は、株主優待目当ての方が多いと思います。廃止になった株主優待は、旅行割引券(1,000株以上保有)でした。今までもらった分は使用期限まで使えますが、2017年3月末の優待はありません。

ですから、管理人であれば、株価が390円に近づいたところで株式市場で売却し、2月の優待銘柄・3月の優待銘柄に乗り換えます。TOBに参加して、39万円(390円×1,000株)の投資資金を寝かせるのは、ちょっともったいない気がします。

とにもかくにも、ニッコウトラベルはプラチナチケットになりました。株主のみなさん、よかったですね。

(追記)ニッコウトラベルの上場廃止日決定

ニッコウトラベルの上場廃止が決定しました。上場廃止日は5月2日(火)、売買最終日は5月1日(月)です。

株主の保有株は390円で強制買い取りとなります。5月10日以降、「390円×株数」の投資資金が戻ってきます。

株主のみなさん、どうもお疲れ様でした。

関連記事

アーカイブ

アクセス