初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

パナホーム、比率の見直し期待で株価急騰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パナホームの上場廃止と株主優待、株主の今後についての続きです。

パナソニック(6752)の完全子会社となり、7月27日に上場廃止が予定されているパナホーム(1924)。株式交換による完全子会社化のため、株式交換比率「1」:「0.8」とほぼ釣り合うように、両社の株価が動きます。

前回、「パナホームに特別なことがない限り、上場廃止までこれが続きます」と書きました。

どうやら、特別なことが起きたようです。

「金持ち子会社」に照準 海外勢、ガバナンス重視 (日経新聞)

株式交換比率に不服な海外勢が動き始めたようです。この結果、比率の見直し期待によって、パナホームの株価が急騰しました。

パナホーム日足チャート

2月10日終値は1,027円。前日比68円高(+7.09%)でした。

パナソニックとパナホームの時系列株価

日付 パナソニック パナホーム 比率
2/6 1,180 963 0.816
2/7 1,175.5 958 0.815
2/8 1,192 972 0.815
2/9 1,172.5 959 0.818
2/10 1,218 1,027 0.843

両社の時系列株価はご覧の通り。右の列は、パナソニックを「1」としたときのパナホームの比率です。「0.8」を大きく上回っています。パナホームの株価が、パナソニックに比べて、明らかに割高な水準まで上がりました。

すでに、変更(見直し)を先取りするかのような動きです。

今後どうなるかわかりませんが、結果が出るまで保有し続けるのも悪くない状況になりました。かなり珍しい現象です。

配当金や株主優待だけでなく、投資の経験値もたっぷり貯まりそうな予感です。株主の方が本当にうらやましいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス