初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ダイトウボウ、優待内容の拡充で株価上昇

2017.02.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月8日、東証1部上場のダイトウボウ(3202)は、第3四半期決算と優待の変更を発表しました。

平成29年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

株主優待制度の拡充に関するお知らせ

株主優待の変更内容

変更前

【保有期間6ヶ月以上】3月末の株主

・1,000株以上・・・2,000円相当のクオカード

・2,000株以上・・・4,000円相当のクオカード

変更後

【保有期間6ヶ月以上】3月末の株主

・1,000株以上・・・2,000円相当のクオカード

・2,000株以上・・・4,000円相当のクオカード

【保有期間1年以上】3月末の株主

・1,000株以上・・・3,000円相当のクオカード

・2,000株以上・・・5,000円相当のクオカード

ダイトウボウの株主優待はクオカードです。今回の変更により、保有期間1年以上の長期株主に対して、クオカードが増額されました。

2018年3月末の優待から適用されます。増額分のクオカードがほしい場合は、2017年3月28日までに購入すれば間に合います。

ダイトウボウ日足チャート

この発表等により、翌9日の株価は急騰しました。終値74円、前日比3円高でした。

東証2部への指定替えについて

東京証券取引所の指定替え基準

時価総額・・・20億円未満である場合において、9か月(所定の書面を3か月以内に提出しない場合は3か月)以内に20億円以上とならないとき

以前、掲示板で見かけたコメントです。この企業は東証1部にこだわりを持っているそうで、時価総額が20億円を下回りそうになったら、何か新しい発表をしてくれるという期待があります。

東証1部から2部への指定替えを行った企業は、直近ではシャープ(6753)が該当します。シャープが東証2部になった理由は「債務超過」でした。

ダイトウボウは業績がすごく悪いわけでもないので、当面の課題は時価総額です。株主優待を充実させると株主数も同時に増えるため、理にかなっているなと思ったわけです。

関連記事

アーカイブ

アクセス