初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

タカタの法的整理の続報(とマネーゲームの準備)(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月4日早朝、タカタの法的整理に関する続報が出ました。

タカタ支援、中国系の米KSSを選定 外部専門委 車各社は法的整理要求

この情報により、2月6日は前日比100円ストップ安の436円まで売られました。大量の売り注文を残しており、7日以降の株価にも影響しそうです。

当社の再建に関しまして

会社側は否定のIRを出しています。

タカタ日足チャート

一度目の報道が出て以降、タカタの株価は荒っぽい値動きが続いています。ようやく落ち着いてきたかと思ったら、続報が出ちゃいました。

タカタのマネーゲームへの準備

過去のよく似た銘柄と比較すると、タカタの最終結果についても、会社の正式発表より前に、報道で知る可能性が高いです。良い結果でも悪い結果でも、「本日○○」「今日午後○○」という見出しが出そうですね。

タカタのマネーゲームに参加予定の方は、そのための準備をしておく必要があるでしょう。

取引時間中に情報が出ると困るので、ラジオNIKKEIか日経CNBCを流しっぱなしにすると良いと思います。特に、夕刊の情報が出る13時前後は気を付けたいです。

活用する証券会社はSBI証券がベスト、じゃなくてマストです。(1)8時20分から9時まで、(2)15時から16時まで、(3)18時から23時59分まで、の3つの時間帯が重要です。この時間帯に取引できる状態にしておくと、他の投資家に比べて圧倒的に有利になります。

SBI証券はほとんどの人が口座を持っているでしょうから、タカタを取引するときはSBI証券を使いたいです。

普段の取引では売買手数料が気になります。しかし、手数料が気にならないくらい株価が動くので心配ありません。すぐに元が取れます。手数料よりも取引時間・取引機会が重要です。

マネーゲームで使う投資資金は、いくらでも大丈夫です。タカタは取引参加者が圧倒的に多いので、自分の注文で株価が動くこともありません。ただ、値動きの激しさに慣れないうちは、100株~1,000株で様子を見るのが良いでしょう。

取引時間中の情報に十分注意して、がんばってください。

関連記事

アーカイブ

アクセス