初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

東燃ゼネラル石油の業績上方修正と株価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東燃ゼネラル石油の工場火災と株価の続きです。

1月27日取引終了後、東証1部上場の東燃ゼネラル石油(5012)が業績の上方修正を発表しました。

業績の修正に関するお知らせ

平成28年12月期通期業績予想の修正

個別では赤字予想が黒字になり、連結では利益が倍増しました。原油高が貢献したようです。

東燃ゼネラル石油日足チャート

こちらは直近3ヶ月間の日足チャートです。火災発生前の水準を超えて、年初来高値を更新しました。

JXホールディングスと東燃ゼネラル石油の株価

日付 JX
(5020)
東燃
(5012)
比率
1/19 515.1 1,285 2.49
1/20
(事故前)
525 1,313 2.50
1/23
(事故後)
522.5 1,300 2.49
1/24 519.5 1,292 2.49
1/25 524 1,306 2.49
1/26 528.9 1,315 2.49
1/27
(決算前)
536.1 1,336 2.49
1/30
(決算後)
541.2 1,355 2.50

1月19日から30日までの時系列株価です。右の列は、JXホールディングスを「1」としたときの東燃ゼネラル石油の比率です。

両社は経営統合の予定です。比率はJXホールディングス「1」に対して、東燃ゼネラル石油「2.55」です。ご覧の通り、事故前・事故後・上方修正発表前・発表後の比率がほとんど変わっていません。

両社の株価が連動していることがわかります。

ただ、いつも紹介している経営統合では、親会社と子会社のような立ち位置があって、親会社主導で子会社の株価が動くことが多かったです。ところが、JXと東燃では、東燃がメインになっています。

火災事故の時は東燃が下がってJXが下がり、上方修正発表の時は東燃が上がってJXが上がる、という順番です。脇役が主役を喰っちゃった感じです。

経営統合に限らず、吸収合併や株式交換による完全子会社化のケースでも、同様の現象がいくつか見られるようになりました。

2016年あたりからです。わかりやすい例では、ポケモンGOのときに、ミネベア(6479)とミツミ電機(6767)で起きました。当時のポケモン関連銘柄の爆発力はすごかったです。関連銘柄のミツミ電機(子会社)が急騰し、その影響でミネベア(親会社)の株価が上がりました。

JXホールディングスの利益を確定しました。

JXホールディングスの株価も順調に値上がりし、本日売却して利益を確定しました。

23日の後場寄り付き(520.4円)で買って、30日の後場寄り付き(541.6円)に売っています。保有期間はちょうど1週間です。

「(541.6円-520.4円)×株数-売買手数料」が利益になります。1週間でこれだけの値幅があれば十分です。

でも、今の石油株の勢いを考えると、「早く売りすぎた!」となるかもしれませんね。

関連記事

アーカイブ

アクセス