初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ケーヨーの株主優待と株主の今後について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1月5日、東証1部上場のDCMホールディングス(3050)とケーヨー(8168)との経営統合がなくなりました。

DCMホールディングス株式会社との資本業務提携、第三者割当による新株式発行及び自己株式の処分並びに主要株主、主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ

この結果、ケーヨーは上場廃止ではなく上場維持となり、これからも今まで通り取引することができます。

ケーヨーの株主優待

(1)対象となる株主・・・毎年2月末、8月末に1,000株以上保有する株主

(2)株主優待の内容・・・優待カード(10%割引)

(3)株主優待の送付時期・・・2月末の株主は5月末まで、8月末の株主は11月末までに送付

(4)有効期限・・・2月優待(6/1~11/30)、8月優待(12/1~翌年5/31)

ケーヨーの株主優待は、買物の割引カードです。毎年2月末・8月末の株主は、有効期限6ヶ月間の優待カードがもらえます。

優待カードを使うと、商品購入金額の10%が割引となります。割引の回数に制限はありません。

DCMホールディングスの株主優待

(1)対象となる株主・・・毎年2月末に100株以上保有する株主

(2)株主優待の内容・・・DCMブランドの商品詰め合わせ

(3)株主優待の送付時期・・・毎年7月から8月中旬に順次発送

これに対して、DCMホールディングスの株主優待は、自社商品の詰め合わせです。2月末の株主は、夏に商品が届きます。管理人ももらいました。

今回、ケーヨーの上場維持が決定したので、これからも株主優待は継続されます。両社を比較すると、圧倒的にケーヨーの優待の方が価値が高いので、株主は優待継続を喜んでいると思います。

さらに、ケーヨーの株主になると、株主優待に加えて、配当金が1株につき12.5円(2月:6.25円、8月:6.25円)もらえます。

ケーヨー日足チャート

最後に、ケーヨーの日足チャートを紹介します。1月6日終値は577円。前日比10円高でした。2月末にやってくる、株主優待と配当金の権利付最終日に向けて株価が上昇しています。

経営統合がなくなって急落するかもしれないと思ったのですが、この様子だと心配なさそうです。

関連記事

アーカイブ

アクセス