初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

第二のオウチーノになるか?みんなのウェディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月22日、東証マザーズ上場のみんなのウェディング(3685)が、MBOと、クックパッドとの資本業務提携解消を発表しました。

当社取締役による当社株式に対する公開買付けに関する意見表明及びクックパッド株式会社との資本業務提携解消のお知らせ

みんなのウェディング会長の穐田氏が1株1,000円でTOB(株式公開買い付け)を行うそうです。TOB期間は2016年12月26日から2017年2月10日までの30営業日です。

今回のポイントは、みんなのウェディングが上場廃止にならないことと、オウチーノの再現を期待していること、の2つです。

みんなのウェディングの上場維持

このTOBには上限が設定されているため、みんなのウェディングは上場廃止になりません。上場廃止にならないTOBは、株価が不安定になりやすいです。

12月22日終値は804円。例えば、「(A)この値段で買ってTOBに参加(申込)すれば、差額(1,000円-804円)が儲かるはず(手数料除く)」と考えそうですが、そんなに甘くありません。

申込が殺到したときは、全部買い取ってもらえないので、買い取ってもらえなかった分は手元に戻ってきます。戻ってきた分は株式市場で売却することになります。

どのくらい買い取ってもらえるのか?(どのくらい戻ってくるのか?)を予想しながら、(A)の取引を行うかを考えます。

株価もこの駆け引きを反映するかのように、804円と1,000円の間で推移します。

普通であれば、の話です。

オウチーノの再現を期待していること

オウチーノ日足チャート

みんなのウェディング日足チャート

ところが、上場維持のTOBはマネーゲームになりやすい側面があります。関係者つながりで、10月に急騰したオウチーノ(6084)の例があるため、みんなのウェディングも同じ急騰を期待しているようです。

株主が変わっても、業績が向上するのは数ヶ月先のことですし、短期的な株価はだれにもわかりません。

最近のIPO銘柄をご覧の通り、短期資金の動きが活発なので、同じ新興市場のみんなのウェディングにも人気が集まりやすい環境が整っています。

短期投資に参加するorしないにせよ、みんなのウェディングの株価を見るのはおもしろいと思いますよ。

関連記事

アーカイブ

アクセス