初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

株主優待導入は、株価に一定の効果があったようだ(オプテックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月13日、東証1部上場のオプテックス(6914)は、株主優待の新設を発表しました。

株主優待制度の導入に関するお知らせ

株主優待の詳細

(1)対象となる株主・・・毎年12月末日の株主名簿に記載または記録された、100株以上保有の株主

(2)株主優待の内容

・100株以上・・・おこめ券2kg

・1,000株以上・・・おこめ券5kg

(3)発送時期・・・毎年3月下旬の「定時株主総会決議ご通知」とともに発送予定

(4)株主優待の開始時期・・・平成28年12月末日の株主から開始

オプテックスの株主優待は、おこめ券です。12月27日までにオプテックス株を購入すると、間に合います。

オプテックス日足チャート

偶然かもしれませんが、株価が下げ止まっています。

オプテックス・エフエーとの関係

オプテックス・エフエーの上場廃止と株主優待

「オプテックス」と「株主優待」のキーワードで気づいた方がいると思います。12月28日に上場廃止となる、子会社オプテックス・エフエー(6661)も同様の株主優待を行っています。

ただし、オプテックスとオプテックス・エフエーでは、優待に必要な資金が異なります。

・オプテックス:株価2,520円×100株=投資資金25万2000円
・エフエー:株価856円×100株=投資資金85,600円

となり、オプテックス・エフエーの投資資金が少ないです(※12月15日終値で計算)。

なお、これからオプテックス・エフエーを購入すると、将来的にオプテックス株に換わります。エフエー100株がオプテックス34株になってしまうので、来年から優待がもらえなくなるかもしれません。

まとめ

おこめ券がもらえる優待銘柄は他にもありますし、おこめ券の換金価値もあまり高くないです。株主優待のために、あえてオプテックスを買わなくても・・と思います。

もちろん、業績回復期待で買うのはアリです。急激な円安が進んでいますしね。

関連記事

アーカイブ

アクセス