初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

なにも権利確定直前に優待を変更しなくてもいいのでは?(日本和装HD)

2016.12.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月12日、東証2部上場の日本和装ホールディングス(2499)が株主優待の変更を発表しました。

株主優待制度の変更及び期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

変更前の株主優待

【12月のみ】

・100株以上・・・500円分のクオカード

・1,000株以上・・・VJAギフトカード1,000円分

・2,000株以上・・・VJAギフトカード2,000円分

・3,000株以上・・・VJAギフトカード3,000円分

・4,000株以上・・・VJAギフトカード4,000円分

・5,000株以上・・・VJAギフトカード5,000円分

・7,000株以上・・・VJAギフトカード10,000円分

・10,000株以上・・・VJAギフトカード30,000円分

・15,000株以上・・・VJAギフトカード50,000円分

【6月のみ】

・100株以上・・・買物割引券(3%)1枚

・500株以上・・・きものシミ抜き券(5,000円相当)1枚

・1,000株以上・・・きものシミ抜き券(5,000円相当)2枚

・3,000株以上・・・きものシミ抜き券(5,000円相当)3枚

・5,000株以上・・・きものシミ抜き券(5,000円相当)4枚

変更後の株主優待

【株主優待の内容】

・500株以上・・・きものメンテナンス券(5,000円相当)1枚

・1,000株以上・・・きものメンテナンス券(5,000円相当)2枚

・3,000株以上・・・きものメンテナンス券(5,000円相当)3枚

・5,000株以上・・・きものメンテナンス券(5,000円相当)4枚

【株主優待の実施時期】

・2016年12月末日現在の株主名簿に記載または記録された株主

この変更により、クオカードとギフトカードがなくなり、きものメンテナンス券のみになりました。その代わり、配当金が1株につき1円増えています。

今回のポイントは、配当金でカバーしきれない優待の部分です。主に、100株以上でもらえる500円分のクオカードですね。

100株保有の株主は、配当金が1円増えても100円しか増えません(しかも、ここから税金が引かれる)。一方、以前の優待では500円分のクオカードがもらえました。400円分も減っているので、かなりのダメージです。

日本和装ホールディングス日足チャート

たかがクオカード、されどクオカード。翌13日の株価は急落しました。前日比18円安(6.16%安)の274円です。東証2部値下がり率ランキング第4位でした。

さらに、発表する時期がひどかった。12月優待の権利確定が近づいていたので、もらえないとわかった投資家が一斉に売ってしまいました。優待狙いの値上がり益を狙っていた投資家も、一斉に売却に動いたようです。

せめて9月あたりに発表していたら、ここまで極端な値動きにならなかったでしょう。

いかに、クオカード目当ての投資家が多かったか、がわかります。

関連記事

アーカイブ

アクセス