初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日経平均19,000円のNISA口座

2016.12.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 6753 シャープ 249
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 221.8
3 4502 武田薬品工業 4,696
4 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ 762.8
5 7751 キヤノン 3,422
6 7201 日産自動車 1,115
7 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 3,815
8 1357 日経平均ダブルインバース 2,024
9 1570 日経平均レバレッジ上場投信 14,340
10 4528 小野薬品工業 2,424.5

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 221.8
2 6753 シャープ 249
3 8789 フィンテックグローバル 113
4 3528 プロスペクト 67
5 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ 762.8
6 6502 東芝 465
7 8031 三井物産 1,696.5
8 5020 JXホールディングス 516.4
9 9501 東京電力ホールディングス 521
10 9318 アジア開発キャピタル 9

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 221.8
2 8031 三井物産 1,696.5
3 7203 トヨタ自動車 7,003
4 7751 キヤノン 3,422
5 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ 762.8
6 8267 イオン 1,620
7 4502 武田薬品工業 4,696
8 9202 ANAホールディングス 314.7
9 8053 住友商事 1,427.5
10 8316 三井住友フィナンシャルグループ 4,730

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,576
2 4661 オリエンタルランド 6,436
3 7751 キヤノン 3,422
4 9984 ソフトバンクグループ 7,825
5 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ 762.8
6 8411 みずほフィナンシャルグループ 221.8
7 8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人(6月優待) 79,300
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 996
9 6172 メタップス 3,615
10 1699 野村原油 378

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 221.8
2 3528 プロスペクト 67
3 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ 762.8
4 1699 野村原油 378
5 4712 アドアーズ 133
6 8789 フィンテックグローバル 113
7 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,576
7 8308 りそなホールディングス 623.6
9 3598 山喜 219
10 5261 リソルホールディングス 325
10 8331 千葉銀行 761
10 9202 ANAホールディングス 314.7

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 6,436
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 221.8
3 7751 キヤノン 3,422
4 7203 トヨタ自動車 7,003
5 8591 オリックス 1,867
6 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ 762.8
7 9202 ANAホールディングス 314.7
8 3048 ビックカメラ 1,060
9 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 996
10 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,576

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

12月5日から9日までの様子です。日経平均株価が一時19,000円を超え、終値でもあとわずかの水準になっています。これだけ上昇すると個人投資家もかなり潤っているため、9月の中間配当と合わさって待機資金がかなり増えていると思われます。

NISA口座に関して言えば、2016年の投資期間がもうすぐ終わることもあり、少数派ながらも資金を使い切る動きが見られます。

日経平均ダブルインバース(1357)と日経平均レバレッジ上場投信(1570)のコンビは相変わらずの人気です。短期間で株価が急騰した東京電力ホールディングス(9501)は、特に短期を意識した投資でしょう。

ジュニアNISA口座では、優待銘柄が活躍しています。12月優待よりも、来年3月の優待銘柄を早めに買う人が多いです。2017年の非課税枠を別の銘柄に使いたいのかもしれません。

ただし、NISA口座・ジュニアNISA口座ともに、保有残高ランキングの銘柄に目立った変化がないので、投資資金の規模はそれほど大きくないのでしょう。

あと2週間ほど、落ち着いた傾向が続きそうです。

関連記事

アーカイブ

アクセス