初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

モジュレのマネーゲームのコツ~その2~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モジュレのマネーゲームのコツの続きです。

上場廃止に関するお知らせ

9月30日、モジュレの上場廃止が決定しました。上場廃止日は11月1日、売買最終日は10月31日です。サハダイヤモンドと同じです。

ちょうど上場廃止決定前にマネーゲームが発生していたこともあり、某掲示板ではモジュレの取引について盛り上がっていました。

モジュレ日足チャート

3043-201607-10

・9月28日終値171円

・9月29日終値221円、+50円

・9月30日終値301円、+80円

・10月3日終値221円、-80円

9月29日、30日と2営業日連続でストップ高になりました。その後、上場廃止決定によって、ストップ安売り気配となっています。

上場廃止銘柄の株価が下がりやすいとき

上場廃止銘柄には、株価が下がりやすくなるタイミングがいくつか存在します。その中のひとつが、上場廃止決定直後です。東証の正式決定より前に会社側が予告した銘柄は、ほとんど、この傾向が当てはまります。

イーター電機工業(6891)しかり、MAGねっとホールディングス(8073)しかり、メディビックグループ(2369)しかり。モジュレの場合は、9月30日までと期限が決まっていたので、売るタイミングもわかりやすかったと思います。

また、株価が下がりやすくなるタイミングは他にもあります。上場廃止直前に出る「上場廃止後に関するお知らせ」のIRです。本日、メディビックグループが同様の発表を行いました。

上場廃止後の当社株式の取り扱いに関するお知らせ

この発表があると、直前にマネーゲームが起きていても翌日から下がりやすくなります。上場廃止日を強く意識することによって、売り注文が出やすくなるのでしょう。

上場廃止銘柄の株価の動きは、一見ランダムに思えます。しかし、かなり規則的に動いています。アノマリーに近いです。

多くの投資家が敬遠するので、すごく取引しやすいと思うんですけどね。

関連記事

アーカイブ

アクセス