初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本化成の株式交換と株主の今後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

9月14日、三菱ケミカルホールディングス(4188)の子会社である三菱化学が、日本化成(4007)を株式交換で完全子会社化すると発表しました。

三菱化学株式会社による日本化成株式会社の株式交換による完全子会社化に関するお知らせ

日本化成は2016年12月28日に上場廃止となります(売買最終日12月27日)。

重要な株式交換比率は、三菱ケミカル「1」に対して、日本化成「0.21」です。上場廃止日以降、日本化成1,000株は三菱ケミカルホールディングス210株に換わります。

日本化成の今後の株価について

4007-201606-09

日足チャート3ヶ月分です。日本化成の株価は、株式交換比率と同じように動きます。三菱ケミカル1,000円と日本化成210円がちょうど釣り合う状態です。

9月15日終値は、三菱ケミカル597.1円、日本化成123円です。比率で見ると「1」対「0.206」。日本化成が少し割安かもしれませんが、ほぼ釣り合っています。

日本化成のこれからの株価は、三菱ケミカル主導で動きます。三菱ケミカルが上がれば日本化成も上がり、三菱ケミカルが下がれば日本化成も下がるでしょう。上場廃止までこの傾向が続きます(一部例外あり)。

日本化成株主の今後について

冒頭で紹介したように、日本化成の株主は、保有株が三菱ケミカルホールディングスに換わります。日本化成1,000株は三菱ケミカルホールディングス210株になります。

三菱ケミカルホールディングスは100株単位で取引するので、残り10株が単元未満株です。SBI証券マネックス証券など、一部ネット証券では単元未満株も普通に売買可能です。

また、単元未満株を三菱ケミカルホールディングスに買い取ってもらう「買取制度」もあります。こちらについては、後日到着する書類に従って手続きを進めてください。

もちろん、三菱ケミカルホールディングスの単元未満株を保有し続けても構いません。配当金が保有株に応じてもらえます。

もし、三菱ケミカルホールディングスの株に換わるのイヤであれば、上場廃止前に、株式市場で日本化成の株を売却するのもOKです。そのときは、三菱ケミカルホールディングスの株価が最も高くなる時期を予想して、日本化成の株を売却してください。

関連記事

アーカイブ

アクセス