初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

マネースクウェアHDのMBOと株主の今後について

2016.09.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東証1部上場のマネースクウェアHD(8728)は、MBO(経営陣等による自社買収)を発表しました。

MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ

TOB価格は1,250円、TOB期間は9月8日から10月24日までの30営業日です。手続きが順調に進むと、マネースクウェアは上場廃止になります。

マネースクウェアの株主は、TOBに参加(申し込み)して1,250円で保有株を買い取ってもらう、もしくは、株価が1,250円に近づいたら株式市場で売却することもできます。

マネースクウェアHDの今後の株価について

日付 株価 値幅
9/7 879
9/8 1,029 +150
9/9 1,250
(予定)
+300

今後、マネースクウェアHDの株価は、1,250円近辺まで上昇し、その後は上場廃止まで横ばいが続きます。何か別の動きがあれば、もしかすると1,250円を超えるかもしれません。

TOBに参加するメリット・デメリット

メリットは、TOB価格1,250円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。デメリットは、投資資金の回収が遅くなること、手続きが面倒なことです。

具体的には、マネースクウェア株を、購入した証券会社からSMBC日興証券に移管して(移動して)売却します。投資資金が戻ってくるのは10月31日以降になります。

マネースクウェアHDの月足チャート

8728-2013-2016

2013年3月からの月足チャートです。TOB価格の水準に黄色の線を引いてみました。今回のTOB価格は、直近の株価に比べるとかなり高いですが、中長期で見ると高い水準とは言えません。

おそらく、TOB価格より高い株価で買っている投資家も多いでしょう。株主は本当に気の毒です。

マネースクウェアHDの株主の今後について

2016年3月以降に株主となった投資家は、ほとんどの方が含み益だと思います。もし、管理人が同じ立場であれば、株価が1,250円に近づいたときに株式市場で売却します。目安は1,240円~1,245円です。

含み損の株主は、このまま手続きが進むと損失が確定します。あきらめて別の銘柄に乗り換えるか、もしくは別の意思表示が必要ではないでしょうか。

関連記事

アーカイブ

アクセス