初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

株主優待を拡充しても株価が上がるとは限らない(日伝)

2016.08.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月26日、東証1部上場の日伝(9902)が、株主優待の追加を発表しました。

株主優待制度の拡充に関するお知らせ

日伝の株主優待の内容

従来の株主優待(9月末の株主、12月発送)

・100株以上・・・さぬきうどん300グラム×3袋

・1,000株以上・・・無洗米2キロ詰め3パック

新設された株主優待(3月末の株主、6月発送)

・100株以上・・・クオカード1,000円分

・1,000株以上・・・クオカード3,000円分

日伝の従来の株主優待は食品(さぬきうどん・無洗米)でした。今回の発表によると、これに加えて、クオカードがもらえるようになります。

食品は毎年9月末の株主、クオカードは毎年3月末の株主が対象となります。

日伝(9902)日足チャート

9902-201605-08

日足チャート3ヶ月分です。日伝の株価は、発表直後は上昇したものの、かなり控えめでした。その翌日には元に戻ります。本日の終値は、前日比40円高の2,864円でした。

新設された株主優待の内容が、他社との競争が激しいクオカードであること、権利確定月の来年3月までかなり時間があること、などが原因と思われます。

今のところ、株主優待メインより業績で買う銘柄と言えるでしょう。

関連記事

アーカイブ

アクセス