初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

メディビックグループのマネーゲームのコツ~その2~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

本日8月18日、東証マザーズ上場のメディビックグループ(2369)の株価が急騰しました。マネーゲームの始まりです。終値50円、前日比19円高(61.29%)は、全市場の値上がり率第1位でした。

そこで、今回は、売買のときに活用するネット証券はどこか?、投資資金はいくらがベストか?、どのくらいの儲けを狙うべきか?、の3点について紹介したいと思います。

マネーゲームで使うネット証券はどこか?

SBI証券の一択です。その理由は、夜間取引があるからです。夜間取引を活用することによって、取引機会が2倍に増えます。

昼間の株式市場で購入して夜間取引で利益確定、夜間取引で購入して株式市場で利益確定、夜間取引で購入して夜間取引で利益確定、と選択肢が大きく広がります。

もちろん、ネット証券を選ぶときのポイントの中に“売買手数料の安さ”があります。しかし、マネーゲームに関しては株価の変動が大きいので、手数料はあまり気にしなくても良いです。売買手数料よりも取引環境を優先すべきです。

投資資金はいくらがベストか?

2369-20160818-10

こちらは、18日午後3時の気配値です。それぞれの価格帯に10万株から20万株の買い注文・売り注文が多く並んでいます。

自分が買いたい値段で購入し、売りたい値段で売却するには、10万株が限界だと思います。それ以上の数量を売買すると、自分の注文で株価を動かしてしまうので不利になります。

もっと小回りを利かせるならば、1万株~2万株が良いでしょう。5,000円から100万円までがベストではないでしょうか。

どのくらいの儲けを狙うべきか?

低位株を売買するときに、1円抜きを考えることがあります。たとえば、50円で買って51円で売る、という方法です。しかし、これは上場廃止(予定)株のマネーゲームではふさわしくありません。

なぜなら、この銘柄は、上場廃止になると投資資金がゼロになる(可能性がある)ハイリスクの投資(投機)だからです。たった1円の儲けでは、割に合いません。ハイリスクの投資にはハイリターンを求めるのが正解です。

少なくとも、投資資金の1.5倍もしくは2倍以上になるタイミングを考えたいです。

本日の終値は50円です。「これから、メディビックは75円~100円になるだろうか?」を予想して、買う・買わないと判断します。

もし、希望通りに儲からないと思えば、株価が下がるまで待つことになります。時間はまだまだあります。あせって飛びつかなくても、これからもチャンスはあると思いますよ。

関連記事

アーカイブ

アクセス