初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ユニーのサークルKサンクス売却報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東証1部上場の総合スーパー「ユニーグループ・ホールディングス(8270)」が、子会社のコンビニ「サークルKサンクス」を売却するとの報道がありました。

サークルK売却、競合の複数企業に打診…ユニー(読売新聞)

7 月16日付 読売新聞報道について(ユニー公式)9:45

サークルK売却検討、コンビニ業界再編も(読売新聞)

7 月17 日付 読売新聞報道について(ユニー公式)9:15

「報道」→「火消し」→「報道」→「火消し」と2日連続でやりとりが行われています。

報道の真偽はともかく、ユニーによるコンビニ事業売却がなければ、株価は徐々に報道前の水準に戻っていきます。

逆に、後日、ユニーから正式発表があれば、その時点で株価が売却を反映した動きを見せると思います。

ユニーGHD:7月15日~17日5分足

82702014071517

報道前の15日から17日までの5分足チャートを並べてみました。ポイントはユニーの発表時刻です。7月16日は9時45分、17日は9時15分に発表がありました。

5分足チャートをご覧の通り、この時間あたりで、株価が値下がりに転じています(17日は値下がり開始が少し早いです)。

管理人なら、どうする?

個人的には、ユニーが安くなったところで買いたい気分です。子会社売却報道が落ち着いたところで購入し、正式発表を待つスタイルです。

A:うまくいけば、購入後に正式発表が来て株価が再上昇。

B:失敗すれば、報道前の水準まで値下がり。

購入から売却(利益確定or損切り)までの期限(約1ヶ月)を区切って、短期投資をします。Bになれば、損切りになりますが、短期投資なので仕方が無いかなと。

ブログに書いてしまったので、必ず実行するとは言えませんが、試してみたい取引です。

関連記事

アーカイブ

アクセス