初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

石山ゲートウェイホールディングスのライツ・オファリング(3)

2014.07.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

本日7月11日は、石山ゲートウェイホールディングス新株予約権(77089)の新規上場日でした。

石山Gateway Holdings(株)第7回新株予約権(コード7708-9)の新規上場日の基準値段等について

基準値段は70円、ストップ高が120円、ストップ安が20円です。基準値段の計算式は、石山親株の10日終値が130円でしたので、

130円-60円(子株の値段)=70円

となります。では、この日の新株予約権の取引はどうだったでしょうか?

石山GWHD新株予約権7月11日5分足

77089201407115m

売り気配で始まり、9時3分に初値63円(61円に訂正)をつけました。6分に70円の高値、10時17分に45円の安値、終値は58円です。前回のアルメディオと異なり、新株予約権が独自の動きをしたのは、ほんの数分間でした(初値から70円になるまで)。

石山の親株が下がったので、それにつられる形で新株予約権も値下がりします。

通常、

親株の株価-60円=新株予約権の値段

となるよう、お互いの価格はそれぞれ動きます。石山ゲートウェイホールディングスの場合は、ほぼ基本通りの結果となったわけです。

石山GWHD(7708)日足

770820140607

ちなみに、石山親株の終値は120円でした。

120円-60円>58円(新株予約権の値段)

となり、新株予約権が割安の状態です。しかし、過去のライツ・オファリングを見る限りでは、新株予約権が割安な状態で続くことが普通なので、この状況を見て「新株予約権を買うのがおすすめ!」とはなりません。

今後、石山GWHDの新株予約権の値段が上昇するときは、親株の株価が急騰するときだと思います。新株予約権が上場するまで、変な動きをした親株ですから、どこかで予想外の展開が待っているんでしょう。

このまま何事もなく、新株予約権が上場廃止になってしまうのはもったいない。新株予約権の上場期間は7月11日(金)から9月2日(火)まで。2ヶ月弱の期間があるので、期待して株価を眺めたいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス