初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ワタミの業績下方修正と株価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

5月2日取引終了後、ワタミ(7522)は、2014年3月期決算の下方修正を発表しました。

業績予想の修正及び特別損失の計上並びに繰延税金資産の取り崩しに関するお知らせ

本業である営業利益と経常利益は減益に、当期純利益は赤字転落となりました。通常であれば、ここまで極端な下方修正を発表すると、株価は暴落、いや、ストップ安になってもおかしくありません。

ところが・・・

ワタミ5分足チャート2営業日分(5月2日・7日)

75222014050205075m

本日終値は1,342円。前日(前営業日)に比べて143円安の水準でした。チャートをご覧の通り、1,312円の安値から反発しています。株価があまり下がらなかったのは、おそらく「株主優待」が影響していると思われます。

株主優待制度のご案内(ワタミ公式サイト)

ワタミの株主優待には、6,000円分(500円×12枚)の金券があります。ワタミを100株購入すると、これが年2回(3月末・9月末)、株主に送られます。1年で12,000円分です。

本日の株価1,342円で株主優待利回りを計算しますと

12,000円÷(1,342円×100株)×100≒8.94%

になります。株価が下がれば下がるほど、株主優待利回りが高くなり、株主優待の価値も高まります。

ここまで利回りが高くなると、「株価が下がれば優待狙いの買いが増える」ではなく、「一度株主になれば、なかなか売らない」という状況が生まれます。ワタミの常連であれば、株主優待だけで投資資金を回収できる可能性があるからです。

売り注文が少ないと、当然、株価も下がりにくくなります。株主優待は、(短期的な)株価対策として、かなり有効のようです。

関連記事

アーカイブ

アクセス