初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ソニーの3回目の下方修正と株価推移

2014.05.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

5月1日午後3時、ソニー(6758)が3度目の業績下方修正を発表しました。

2013年度 連結業績見通し修正のお知らせ

売上高は以前の予想とほとんど変わりませんが、本業である営業利益が減少し、当期純利益の赤字が拡大しました。ソニーは、2013年度(2013年4月~2014年3月)の業績を3回修正しています。2013年10月31日、2014年2月6日、5月1日の3回です。

ソニー2013年度の業績推移

日付 売上高 営業利益 当期純利益
10/31 7兆7000億 1700億 300億
2/6 7兆7000億 800億 △1100億
5/1 7兆7700億 260億 △1300億

営業利益が徐々に減少し、当期純利益は黒字から赤字になりました。

前期は、アベノミクスによって各企業が好決算を発表しているため、ソニーのような悪い決算はとても目立ちます。目立つ上に、3回も下方修正を発表するのですから、周りはこぞって取り上げます。

ところが、株価はそう簡単に下がりません。

ソニー日足チャート

6758201310201405

ソニーの本日(5月2日)終値は1800円でした。前日比10円安、値下がり率はたった0.55%です。ほとんど下がっていません!

上の画像で、下方修正発表時期と株価推移を黄色の枠で囲ってみました。2回目の下方修正発表後から、株価が下がりにくくなっています。

直近の安値1,514円は、決算発表ではなく、事業売却等のニュースがきっかけです。3回目の下方修正では、出来高の棒グラフがなければ、どこで発表があったのかわからないくらい、普段の日と区別がつきません。

世間一般の評価と、株式市場の評価とのズレを実感するサンプルです。

関連記事

アーカイブ

アクセス