初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

株主優待廃止の恨みは恐ろしい(日産車体)

2015.12.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

個人投資家を惹きつける株主優待。優待投資法が存在するほど人気のあるオマケです。しかし、その株主優待が魅力的であればあるほど、廃止したときの反動は非常に大きなものとなります。

12月17日取引終了後、東証1部上場の日産車体(7222)は、株主優待の廃止を発表しました。

株主優待制度の廃止に関するお知らせ

日産車体の株主優待は、オリジナルクオカードでした。

・100株以上・・・3,000円相当

・1,000株以上・・・5,000円相当

毎年3月末の株主は、日産車体を100株以上保有していればクオカード3,000円分がもらえました。

今回の発表により、日産車体の株価は急落します。

日産車体2015年12月17日~18日5分足チャート

7222-20151217-18-5m

17日終値が1,389円、18日安値が1,322円です。100株の株主は6,700円も資産が目減りしました。QUOカードは3,000円ですから、株主優待の金銭的価値より下がっています。

優待目当てで購入した投資家は、もう二度と戻ってきません。中長期的な株価はわかりませんが、値上がり益メインの投資家にとって、とんだ”とばっちり”になりました。

関連記事

アーカイブ

アクセス