初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

一休のTOBと大株主

2015.12.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月15日取引終了後、東証1部上場のヤフー(4689)は、一休(2450)に対して、TOB(株式公開買付)を行うと発表しました。

TOB価格は3,433円、TOB期間は2015年12月16日(水)から2016年2月3日(水)までの30営業日です。一休はヤフーの完全子会社となるため、上場廃止になる予定です。配当も無配になります。

一休(2450)日足チャート

2450-201509-12

12月16日の終値は2,911円です。前日比500円ストップ高になりました。おそらく3,433円近辺まで上昇するでしょう(この現象をサヤ寄せといいます)。

一休株主の対応について

スタバ株はこれからどうなるの?

株主のこれからの対応については、↑のスタバ株の記事をご覧ください。一休のTOB価格はスタバ並みに高いです。新規上場直後に購入した株主を除いて、ほとんどの投資家が儲かる貴重なサンプルです。

TOB価格以上の値上がりを期待していた株主は“もの足りない”と感じるかもしれませんが・・・。

TOBが発表されたら、大株主を確認しよう!

一休の株主以外の投資家は、大株主を確認すると、儲かる可能性が高くなります。

たとえば、一休の大株主一覧から上場企業を探します。もし見つかればチャンスです。その企業は株の売却益が発生します。業績の上方修正につながるので、株価が上がりやすくなります。

また、親会社となる企業が有名企業の場合は、業界再編を期待して、別の投資先の株価が上がることもあります。

ヤフーが大株主の主な企業(コード番号順)

銘柄 コード 保有比率
(%)
サイネックス 2376 10.0
オールアバウト 2454 19.7
バリューコマース 2491 48.7
アスクル 2678 41.7
ブックオフコーポレーション 3313 13.7
クレオ 9698 11.9

タイミングが合えば、「購入後にTOB発表」という幸運に巡り会うことも。

市場全体が大きく下げたときほど企業買収が多くなります。有名企業が大株主&株価に比べて割安な銘柄があれば、資金を分散して少しずつ買っておくとオイシイ思いができますよ。

関連記事

アーカイブ

アクセス