初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

株主優待狙いでケンコーコムを買ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ケンコーコムのTOBと株主優待の続きです。

現在のケンコーコムの株価は、1,000円~1,005円で横ばいが続いています。どうやら「(2)株主優待が実質タダで取り放題になる」の可能性が高そうです。

そこで、管理人も株主優待狙いでケンコーコムを買ってみました。

ケンコーコムを少しでも安く買う方法

3325-20151208g

ケンコーコムのある時間帯の気配値です。1,001円と1,002円を行ったり来たりしています。ケンコーコムは100株単位ですから、株価が1円違うと、100円の差になります。これから買うなら、できれば1,001円で買いたいです。

おすすめは次の2つの方法になります。

(1)寄り付きで成り行き注文を入れる

前場もしくは後場の取引が始まる前に、成り行き注文を入れます。株主優待に必要な株数は100株だけです。100株の買いなら、その他大勢の注文に紛れて、より有利な株価で取引が成立することが多いです(1,001円の指値買い注文より優先される)。

ただし、成り行きだと、「いくらでも良い」という注文ですから、思わぬ価格で成立するかもしれません。

また、成り行き注文を入れると、ネット証券では、その日のストップ高に相当する資金を拘束されてしまいます(↑の日は1302円×100株=13万0200円でした)。

(2)寄り付きで1円だけ高い指値注文を入れる

そこで、(2)を試します。前場もしくは後場の取引が始まる前に、1,002円の指値買い注文を入れます。悪くても1,002円で取引が成立しますが、予想外の価格にはなりません(1,001円の指値買い注文より優先される)。

管理人も(2)の方法を試してみたところ、安い値段で買えました。

もちろん、同じことを行う投資家が増えると、成功しなくなります。もし、他の銘柄で安く買いたいときは、この方法を試してみてください。

関連記事

アーカイブ

アクセス