初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

図書印刷をもう一度買ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リクルート株を保有する図書印刷の株価は、1年でどれだけ上がったのか?のつづきです。

上の記事を紹介してから1ヶ月も経たないうちに、図書印刷をもう一度買うことになりました。理由は、投資ファンドの存在です。

5%ルール(株券の大量保有に関する):野村證券用語集

11月12日、ストラテジックキャピタルが図書印刷を5%以上保有する大株主になった、と大量保有報告書で明らかになりました。”もの言う株主”の存在が普通になった今、大量保有報告書が出ると、その直後に株価が急騰する場合があります。

図書印刷の日足チャート

7913-201509-11

図書印刷も同じく、13日に株価が上昇しました。ところが、値動きは、ごくごく控えめ。

始値550円、高値563円、安値544円、終値546円、前日比-4円、出来高34万4000株でした。

株価急騰を期待した管理人は、寄り付きで少しだけ買ってみました。しかし、含み損の状態です。16日以降、テロの影響もありますし、購入直後から不安いっぱいの状況です。はたして、利益確定はできるのでしょうか?

この続きは、後日紹介したいと思います。

関連記事

アーカイブ

アクセス