初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

京王ズHDマネーゲームのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月28日、東京証券取引所は、マザーズ上場の京王ズホールディングス(3731)の上場廃止を決定しました。前回のスカイマークと同じく、マネーゲーム発生が予想されます。

そこで、上場廃止株マネーゲームに参加するにあたって、理解しておきたい予備知識について紹介したいと思います。

過去の上場廃止株の株価推移をチェック

インスパイアー(2724)2014年7月29日会社発表

過去の上場廃止企業の株価推移を確認することにより、おおまかな動きを把握することが可能です。直近の事例では、2014年のインスパイアーの株価が参考になります。

スカイマークとの違いは、高い株価とマネーゲームの頻度です。倒産企業よりも事業継続の可能性が高いため、上場廃止後も株価が下がりにくくなります。

また、マネーゲームの回数も増加傾向になっています。ただし、株価水準の高い状態でマネーゲームが発生すると、上昇率が低くなるので、必然的に利益率も低下します。

上場廃止までのスケジュールをチェック

上場廃止等の決定-(株)京王ズホールディングス-(東京証券取引所)

京王ズホールディングスは5月29日に上場廃止(取引できなくなる)になります。最終売買日は5月28日(木)です。残り18営業日です。

株価に影響を与える要因をチェック

株価上昇 株価下落
(1)スポンサー決定 (3)大株主の売却
(2)フェニックス銘柄制度 (4)倒産

主に株価を上昇させる要因と下落させる要因を、それぞれ2つずつ取り上げてみました。

(1)スポンサー決定は、京王ズホールディングスを支援する企業が新しく発表された場合です。スカイマークの時は、この発表で株価が安値から4倍に急騰しました。決定事項でなく、ウワサだけで反応するのも前回と同じです。

(2)フェニックス銘柄制度

フェニックス銘柄制度(ウィキ)

証券取引所を上場廃止になった銘柄が取引できるように、日本証券業協会が創った制度です。仮に京王ズホールディングスがフェニックス銘柄に指定されると、東証を上場廃止後も取引できるようになります。

2013年9月に上場廃止になったジパング(285円で廃止)は、フェニックス銘柄で株価が1000円を超えたことがあります。

(3)大株主の売却は、倒産企業の大株主が保有株の売却を発表した場合です。発表は、売却後数日が経過していますので、株価に直接的な影響を与えるわけではありません。

ところが、発表を境に、変化が訪れやすくなります。スカイマークのときも同じでした。今回の京王ズホールディングスでは、光通信の動向がカギです。

(4)倒産は、上場廃止企業が上場廃止日までに倒産した場合です。東証が上場廃止を決定する企業ですから、何らかの問題を抱えています。問題が深刻化し、手に負えなくなったら、企業側が倒産を選択する可能性があります。

もちろん、京王ズが倒産するという話ではなく、一般論です。倒産すると、再び売り注文が殺到することになります。

以上、気になるポイントをいくつかピックアップしてみました。明日以降の京王ズホールディングスの株価に興味のある方は、ご参考ください。

関連記事

アーカイブ

アクセス