初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

サンワドーの上場廃止で株主優待はどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月10日取引終了後、東証1部上場のDCMホールディングス(3050)は、サンワドー(7430)を株式交換で完全子会社化すると発表しました。株式交換比率は、DCM「1」に対して、サンワドー「0.9」です。サンワドーの100株は、7月以降(上場廃止後)、DCM90株に換わります。

サンワドーの株主優待

サンワドーの権利確定日は2月20日。おそらく、2015年2月20日の株主優待が最後だと思われます。優待の内容は青森県産品もしくは商品券のどちらかを選択します。

・500株以上・・・3,000円相当

・1000株以上・・・5,000円相当

サンワドーを500株以上保有していれば株主優待がもらえます。

一方、DCMの株主優待は、100株以上の投資家が対象です。サンワドー500株はDCM450株に換わるので、そのまま優待投資を続けることもできます。

サンワドーの今後の株価

7430-201410-201504

4月13日以降、両社の株価は、株主交換比率に合致した水準へ上昇(もしくは下落)します(サヤ寄せといいます)。DCMの10日終値が982円でサンワドーが691円。DCMの株価が下落しなければ、サンワドーは900円近辺まで急騰する計算になります。

2006年4月の高値945円にどこまで近づくか? に注目です。

関連記事

アーカイブ

アクセス