初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ハチバンの株主優待はTOB発表でどうなるんですか?

2014.01.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

本日、一部メディアにより、リンガーハット(8200)がハチバン(9950)をTOB(株式公開買付)で子会社化するとの報道がありました。

リンガーハットとハチバンが業務提携することによって、事業がどのように拡大していくか非常に興味深いです。しかし、投資家(特にハチバン株主)が気にするところは、そこではありません。

今回は、買収対象となった企業の注目ポイントについて紹介したいと思います。

株主優待や配当金はどうなるのか?

報道が正しいとするならば、ハチバンの株主優待および配当金に変更はありません。

株主優待制度(ハチバン公式サイト)

変更があるときは、ハチバンが完全子会社になるケースです。リンガーハットがハチバン株式をTOBによって全て購入するなら、ハチバンは完全子会社となります。市場に流通しているハチバン株を全てリンガーハットが購入するので、ハチバンは上場廃止となり、株主優待および配当金も廃止になります。

TOB価格はいくらになるのか?

TOBというキーワードが出たら、「TOB価格はいくら?」と瞬時に反応したいです。この値段が、今後の株価の動きに影響します。現時点で、具体的なTOB価格は出ていません。そうすると、投資家の思惑的な取引が増加し、マネーゲームへと発展しやすくなります。

ハチバン2014年1月23日気配値

995020140123

本日の終値は519円。80円ストップ高となりました。企業買収に詳しい投資家であれば、ハチバンのTOB価格を精確に予想できるでしょう。しかし、一般の個人投資家には難しいので、この取引に参加するなら、短期投資と割り切って勝負する方が勝ちやすいです。

TOBが正式に発表されるのはいつか?

わかりません。早ければ、明日24日に出るかもしれませんし、全く出てこないかもしれません。正式発表があったときは、現在の株価がTOB価格へと近づきます。この現象を「サヤ寄せ」といいます。

もちろん、TOB価格が株価より高いという保証はありません。519円で購入した投資家は、明日以降も株価が上がる、もしくは、TOB価格が上回ると予想しています。

仮に、TOB価格が519円以下であれば、その瞬間に負けが確定します(完全子会社の場合)。逆に、519円以上であれば、勝ちがほぼ確定します。

なお、正式発表が一向に出てこないケースも考えられます。そのときは、時が経つにつれ、TOB祭りの影響が薄れてきます。ハチバンは業績が良いみたいなので、株価が上がり続けるかもしれません。

しかし、通常は、TOB期待で上昇した分が、少しずつ元に戻ることになるでしょう(右肩下がりの下落)。

いずれにせよ、明日以降もハチバンには注目が集まります。取引する、しないにかかわらず、株価の行方を見守るとおもしろいと思いますよ。

続きはこちら↓

リンガーハットとハチバン、経営統合を視野に入れた資本・業務提携(新ど素人の株日記ブログ)

関連記事

アーカイブ

アクセス