初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

マクドナルド、月次情報発表でも株価ほとんど動かず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月8日、日本マクドナルドホールディングス(2702)は、2014年11月の月次セールスレポート(月次情報)を発表しました。売上高は前年同月比12.4%のマイナス、客数もマイナスでした(客単価は回復の兆し?あり)。

いままでだと、マクドナルドの発表があれば、毎月初旬に株価が大きく動くきっかけとなっていました。しかし、今月は、以前と異なり、株価があまり動いていません。

マクドナルド日足チャート

2702-201409-12

日足3ヶ月分です。9月初旬は↑、10月・11月初旬は↓へ動きました。12月9日終値は、前日比8円安の2,706円。0.29%のマイナスでした。本日の日経平均株価が0.68%のマイナスですから、市場全体よりもマクドナルドは下がっていません。なぜでしょうか?

今回のポイントは、「ローソク足(日足)の長さ」です。11月の株価下落以降、毎日の株価変動がどんどん小さくなっています。マクドナルドのニュースの注目度に反して、取引参加者はあまり増えていません。

好評や悪評よりも無関心。投資家は、マクドナルドではなく、別の銘柄で活発に取引しているようですね(※株主優待の権利確定が近づいているので、今後増えてくる可能性はありますが・・・)。

関連記事

アーカイブ

アクセス