初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

株式持ち合いの解消で株価は下がるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式持ち合い(ウィキ)

12月3日、新日鉄住金(5401)と神戸製鋼所(5406)は、お互いに持ち合う株式を半分ずつ売却すると発表しました。

㈱神戸製鋼所への出資比率見直しについて

新日鉄住金と神戸鋼、持ち合い株を半分売却 ともに210億円強 (日経新聞)

そもそも、この株式持ち合いは、新日鉄(5401)、住友金属工業(5405)、神戸製鋼所(5406)の三社で行われたものです。新日鉄は住友金属工業株と神戸製鋼所株を、住友金属工業は新日鉄株と神戸製鋼所株を、神戸製鋼所は新日鉄株と住友金属工業株をお互いに持ち合っていました。

その後、新日鉄と住友金属工業は経営統合し、新日鉄住金が誕生します。そうすると、新日鉄住金は、新日鉄のときに買った神戸製鋼所株と、住友金属工業のときに買った神戸製鋼所株とが合わさることになります。

一方、神戸製鋼所は、新日鉄株と住友金属工業株がどちらも新日鉄住金株になりました。今回の発表は、約2倍に増えたお互いの株を売却し、最初の段階の保有比率に戻そうという試みです。

以上を踏まえて、株価を見てみましょう。

神戸製鋼所(5406)日足チャート

5406-201409-12

株価へのインパクトが大きくなるのは、新日鉄住金よりも神戸製鋼所です。新日鉄住金が保有する神戸製鋼所株は、発行済み株式数の5.9%になります。約半分を売却するとして、約3%です。量が量だけに、株価下落を心配していました。

しかし、今のところ、下がっている兆候はありません。

大量保有報告書(新日鐵住金)

先ほど発表された大量保有報告書(変更報告書)では、新日鉄は、12月5日に2000万株(0.55%)を市場外(単価207円)で売却しています。第一中央汽船のときと異なり、株数を少しずつ売却していました。

明日以降、神戸製鋼株がどのように動くかわかりません。しかし、今のところ、大株主の売却による株価への影響は、あまり大きくなさそうです。

関連記事

アーカイブ

アクセス