初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

業績下方修正で売り逃げたいときはどうするか?

2014.01.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

任天堂(7974)が、昼間の株式市場終了後に業績下方修正を発表しました。

通期業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ

黒字予想からの赤字ですので、「赤字転落」となります。また、配当金が減少するため、減配(260円→100円)となります。通常、予想外の赤字となれば、株価は急落します。

ところが、株式市場で売却したくても、取引はすでに終了している。こんなときは、夜間取引(PTS)が重宝します。

任天堂1月17日夜間取引午後7時気配値

797420140117pts

翌週月曜日に株価が間違いなく下がると判断した場合、いち早く売り逃げるには夜間取引が最適です。マイナー企業であれば、売りが殺到して注文成立しないかもしれませんが、任天堂なら大丈夫。売値を欲張らなければ、買い手がつくでしょう。

ちなみに、午後7時の取引開始直後では、任天堂の株価が13,100円になっていました。株式市場の終値に比べて、10.55%安の状態です。処分売りした投資家は、翌週の株式市場ではもっと値下がりすると読んでいるのでしょう。

この行動が吉と出るか? 凶と出るか? は、翌週以降にわかります。このように、どうしても売りたいときは、夜間取引が便利です。

関連記事

アーカイブ

アクセス