初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

天満屋ストア(9846)の報道で株価はどうなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月10日早朝、セブン&アイ・ホールディングス(3382)の子会社「イトーヨーカ堂」と天満屋ストア(9846)との資本・業務提携の報道がありました。その結果、天満屋ストアの株価が急騰します。

天満屋ストア(9846)12月10日気配値

984620131210

前日比150円ストップ高の1,043円で取引を終了しています。大量の買い注文がありましたので、引けに比例配分が行われています。

その後、会社側から正式発表がありました。

天満屋ストアのIR情報

株式会社イトーヨーカ堂との資本提携および株式会社セブン&アイ・ホールディングスとの業務提携ならびに主要株主およびその他の関係会社の異動に関するお知らせ

このような発表があったとき、一番最初に見る場所は、資本提携の内容です。株主および投資家は、株価にどのような影響があるかを判断します。業務提携の内容は、あとでニュース等が詳しく説明してくれます。自分で調べなくても教えてくれるでしょう。報道機関はこの分野に精通していますから。

セブン&アイ・ホールディングスといえば、以前、ニッセンホールディングスのTOBがありました。今回はそのときと異なります。セブングループは、天満屋ストアの株式をTOBではなく、大株主間の相対取引で手に入れるようです。

そのため、将来の株価の目安となるべき指標がありません。ひとつの好材料として、天満屋ストアがどこまで評価されるかだと思います。

以上を踏まえて、10日の夜間取引(PTS)の結果はこちらです。

天満屋ストア12月10日夜間取引の詳細

984620131210pts

こちらも300円ストップ高の1,343円まで値上がりしました。これは「賭け」ですね。チャレンジャーだと思います。1,343円で購入した投資家が利益確定するのは、最短でも11日夜間取引になります。11日の株式市場で株価がストップ高となり、なおかつ夜間取引でも人気が集まって、ようやく含み益です。

ハードルはかなり高いです。しかし、現在の新興市場、特にネット株のようにストップ高が連発する状況では、このような話題性のある銘柄にも短期資金が集まりやすくなります。

この買いが「吉」と出るか、「凶」と出るかわかりませんが、明日(日付が変わったので今日かな)の天満屋ストアに注目です。個人的には、値上がり銘柄を見るのは心地よいので、上がることを期待したいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス