初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

PTS(夜間取引)の注目銘柄とは?

2013.11.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昼間の取引時間は、東京証券取引所だと9時~11時30分、12時30分~15時の計5時間です。15時から翌朝9時までの時間帯を補うべく、夜間取引が始まりました。

ネット証券ではSBI証券のPTS取引が有名です。ネット証券のニュースを確認すれば、その日の注目銘柄が紹介されます。主に、昼間の時間以降に発表された、業績の上方修正、増配や株式分割、企業買収等に関する銘柄がピックアップされます。

今日のニュースでは、日立造船が子会社化を発表したニチゾウテック(4654)、吸収合併を発表したアタカ大機(1978)、株式分割を発表したシダー(2435)が対象となります。

もし、夜間取引でこれらの銘柄を安く買うことができれば、翌日の株式市場で利益確定することが可能となります。もちろん、夜間取引時間中に利益確定することも可能です。

ただし、現在のPTS(夜間取引)にはひとつ欠点があります。それは「取引が少ないこと」です。

ニチゾウテックPTS気配値(19時現在)

465420131128pts

アタカ大機PTS気配値(19時現在)

197820131128pts

買い注文に対して売り注文が圧倒的に少なく、取引が成立しにくくなっています。もちろん、企業買収に関連する銘柄は、買いが殺到するのが当然です。しかし、それを差し引いても、今は取引参加者が少ないのが現状です。

現在、東京証券取引所が夜間取引を始めるとの情報があります。多くの証券会社から注文可能となり、市場全体のボリュームが大きくなれば、夜間取引ももっと取引しやすくなるかもしれませんね。

関連記事

アーカイブ

アクセス